【聞こえた!】英語のリスニング力を上げてくれるYouTuber3人!【みるだけ】

English

リスニングヘイター

リスニングヘイター「英語のリスニングが苦手。YouTube見てるだけでリスニングが鍛えれたらいいのにな〜」

え、鍛えれますよ!

英語のリスニングは英語の4つのスキルの中で一番大事と言っても過言ではないので、できるだけ押さえておきたいところです。

でもわかります。家でリスニング用CDなんか流したくないですよね。
でもそんなときに強い味方なのがYouTubeだと思いませんか?

もう時代は変わっています。なので堂々とYouTubeを活用して英語を勉強しましょう。

今回は僕が実際に見ていただけで、リスニング力が上がったYouTubeチャンネルを紹介します。

目次

  • ニック式英会話
  • バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika
  • ThatWasEpic
  • おまけ

当たり前ですが、YouTubeなので、通勤、通学中やちょっとした空き時間に楽しく見ることができます。

チェックしない手はないですよね。

本題の前に注意して欲しいポイント

YouTuberを紹介する前に少しリスニングで気をつけて欲しいポイントがあります。

それは「ネイティブがいかに発音してないかを知る」ということです。

よくリスニングが苦手な人が言う台詞として「早すぎて何も聞こえない」と言うものがありますが。それは間違いです。

正しい解釈はこうです。「そもそもネイティブの人は発音してないから、聞こえない」

これだけではわからないと思うのでよくある例を出すと

Him → ヒム ❌
Him → イム ○

これは何かというと「Hの脱落」という現象でHは発音されません。つまりどれだけスローに聞いても「ヒム」と聞こえることは一生ないのです。

このように、ネイティブが本当に使っている英語の発音方法は学校では教えてもらえないので、聞こえないのは当然のことなのです。

しかし、逆に言えば、知れば聞こえる!ですよね!

さぁ、準備は整いました、僕が紹介するYouTuberを見ればリスニングなんて怖くなくなるはず!
では、見ていきましょう!

ニック式英会話


まず最初に紹介するYouTubeチャンネルはニック式英会話です。

このチャンネルではネイティブのニックさんがネイティブの発音を細かく日本語で解説しています。

僕が初めて「Hの脱落」を知ったのも、このチャンネルでした。

映画などを使って実際の発音を聞きながら確認するのですが、正直ガチのネイティブの世界では、英語の短縮形をさらに短縮した発音になっていて、スローでも聞こえないことがありました。しかし、英語の試験のリスニングなどでは、「余裕。笑」と心で思っていました。

友達に「なんであれが聞こえたん?どんな勉強したん?」

と聞かれても

「YouTube見ただけ」とは言えませんでした笑。

このチャンネルは有料級なのでこの記事を訪れた人は例外なく全員見て欲しいですね。

バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika 


この方は知ってる人も多いのではないでしょうか。

バイリンガルのチカさんです。

最近ではブログ系の動画を更新していますが。昔の動画を見るともう英語教材の宝庫です。

基本的にはこのチャンネルでは英語学習全体を学べるためリスニングだけではなく文法や、ネイティブがよく使うフレーズだったり、あなたが知ってるようで知らない微妙な単語を詳しく解説してくれたりと最高です。

ぜひ確認しましょう。

ThatWasEpic


最後に紹介するのはThatWasEpic言うチャンネルです。海外のチャンネルで、道ゆく人にドッキリというか、普通ではしないようなことをしたり、質問したりしてめっちゃ笑えます。

このチャンネルでのリスニング勉強方法としてはひたすらに楽しむことだけを意識すればいいです。

というのも最初は聞こえなくても、「変なことやってるな」と興味を持ち初めて「何言ってるのか気になる。」と思うようになります。

その後、リスニング力がだんだんとついてきたら同じ動画を見ます。すると「そういうことか!」と聞こえるようになってきます。そしたら後はだらだらその動画を見てるだけでリスニング力がグッと上がります。

最高じゃないですか?

おまけ

以上3つが僕が「このチャンネルは役に立ったなー」と思ったチャンネルでしたが、ここからはおまけで僕が見ているチャンネルを1つ紹介します。

Harukiはるき


アメリカ留学生のハルキさんです。このチャンネルはアメリカ留学生の日常をブログ形式で定期的に更新しているチャンネルで、特に投稿主のハルキさんとアメリカ人の友達のベンとタイラーの三人組が人気です。

このチャンネルは英語学習としては劣っているものの、ネイティブとの英語での会話が多く、「アメリカってこんな感じかー」という要素が盛り沢山で、めちゃめちゃモチベーションが上がります。個人的には一番お気に入りかもしれません。

おすすめなのでチェックしてみてください。

おわり。