【2020年最新版】初心者が知っておくべき英語の勉強法!

English

英語初心者

英語初心者「英語って何から勉強すればいいのかわからない。自分で英語を勉強しようと思っても長く続かなかった。せっかく英語を勉強したけど全く身につかなかった。どうすればいいのかわからない!」

今回はこういう方のために英語を確実に向上させる方法を紹介します。

本記事のもくじ

  • 挫折しない英語の勉強の始め方
  • 英語を継続的に学ぶ方法3つ
  • 忘れない英語の勉強法

挫折しない勉強の始め方

挫折しない勉強の始め方
結論から言うと英語に慣れましょう。

というのも、英語を最初から「単語が…」とか「文法が…」とかやってしまうとほぼ確実に挫折してしまいます。

なので最初は英語がどんなものなのかを知ったり興味を持ったりできる機会を作ってあげる必要があるのです。

具体的な例で言うと洋画を字幕で見たり洋楽を聞いたり、海外のyoutubeをみたり、ただ自分の名前をアルファベットでカッコよく描いてみたり、なんでもいいので身近に英語を取り入れてみてください。

自分も小さい頃は親が車の中で流していた洋楽を聞いていました。 なんだか懐かしいです…。

まあ僕の話は置いておいて、これを読んだ人の中には「いやいや、明日がテストなんだけど。そんな時間がないんだけど」と言う人がいるかもしれません。ですが僕はそんな方にまでこの方法をおすすめするわけでわないので、時間がない方は今すぐに勉強をすることをおすすめします。

というわけで挫折しないためには英語になれる時間を作りましょう。

ちなみにyoutubeで英語を勉強してみようかなという人はこちらの記事が参考になると思います。

【聞こえた!】英語のリスニング力を上げてくれるYouTuber3人!


英語を継続的に学ぶ方法3つ

英語を継続的に学ぶ方法3つ
英語を継続的に学ぶ方法3つを紹介します。

  • 英語が必要な環境を作る
  • 英語に興味を持つ
  • 習慣化する(最終手段)

1つずつ見ていきましょう。

英語が必要な環境を作る

英語が必要になる環境を作りましょう。
極論を言ってしまうと人間は必要なスキルはなんでも身につけることができます。

例えば僕たちに共通する例として、日本語が一番わかりやすいのではないのでしょうか。

僕たちは生まれた瞬間から話せたわけではなく生きていく中で必要なスキルだからこそ日本語を子供のうちに習得しているのです。

そして当然それは英語でも起こりうることです。
英語が必要だと判断すれば英語は習得できます。しかしそのためには環境づくりが必要です。

もうピンときた方もいるかと思いますが、英語が必要な環境を作る例として、以下の例が挙げられます。

  • 英語を話す友達を作る
  • 留学しちゃう

この2つは英語を覚える上で最強の手段です。ですが簡単ではないこともよくわかります。

しかし、いきなり留学するのは難しいにしても、英語を話す友達を作ることは今となっては実はそこまで難しいことではありません。

英語を話す友達を作りたいという人には「Hellow Talk」というアプリをおすすめします。このアプリでは世界中の言語を学びたい人同士で友達になって言語を学ぶアプリで、普通の会話をしているだけで英語の向上が身に染みてわかります。

ぜひチェックしてみてください!

英語に興味を持つ

これはどの分野にも言えることですがまず興味を持ちましょう。

そもそも勉強というのは知りたいことを知ろうとすることなので興味がないと勉強ができないのは当たり前のことなのです。

例えば皆さんが持っている趣味はそれぞれ違いますがきっと興味を持っているので知らない内にその趣味の情報を集めて知識を増やしているのではないでしょうか。

このように、知りたいことは無意識のうちにyoutubeの関連動画などで見ちゃったりするものなのです。当たり前ですけれどね。

英語圏の人やもの、例えば映画や音楽、そして文化など英語に関連しているものでいいので興味を持ちましょう。

習慣化する(最終手段)

最終手段として習慣化するというものがあります。

これはそのままの意味で英語を学ぶのを習慣化してしまうことです。習慣化してしまえば無意識に勉強を続けることが可能になります。

この方法はおすすめできるようでできないようなメリットもデメリットも大きい方法で以下をご覧ください。

メリット

  • めんどくさいと思わなくなる
  • 確実に継続できる

デメリット

  • そもそも習慣化するのが難しい
  • 楽しいとも思わなくなる

あえていうと、習慣化は無意識(無感情)に毎日継続して何かを行うことです。何かを習慣化するには平均して8週間ほど必要と言われていまが実際は知識さえあれば意外となんでも習慣化することができます。

「具体的にどんな知識が必要なの?」という話になりますが全ての方法をこの記事に書くことはできないので1つ強力なものを紹介します。

それは「If Thenルール(イフ・ゼン・ルール)」です。「If Then ルール」とはとてもシンプルで習慣化の帝王と呼ばれるほど強力な方法です。

気になるその内容は「〜をしたら〜をする」というふうに習慣化するきっかけを設定するだけです。例えば「朝起きたら筋トレする」というふうに決めておくだけで習慣化しやすくなるのです。

嘘じゃありませんよ!研究で証明されています!
気になる人はこちらをどうぞ
やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

まずは8週間、騙されたと思ってやってみてください!

忘れない英語の勉強法

忘れない英語の勉強法
英語を覚えやすくするためには五感を使ってイメージで覚えましょう。

人間はものを記憶する時文字ではなくイメージで記憶します。

例えば「机」という単語があったら「4つの足がある板」を思い出しますよね。英語もそれと同じように「table」という単語を「机」と思い出すのではなく「4つの足がある板」として覚えればいいのです。そしてそれは決して視覚からくる形のイメージだけではなく、音、匂い、感触、味のイメージなど、自分の持っている五感をフル活用して覚えてください。

たまに文字をテストの前に見るだけで覚えてしまう記憶力の優れた人がいますが、あれは普通の人には非効率ですぐに忘れてしまうためよくありません。なので英語を覚える時は五感を使ってイメージで覚えましょう。

もっと効率よく単語を覚えたいという方はこちらの記事で具体的に解説しています。本来はこれを先に覚えるべきです。

【知ってた?】英単語を掛け算方式で覚える方法【ツールも紹介】

今回は以上です。
この記事が役に立てば嬉しいです!皆さん英語の勉強頑張ってくださいね!