【最短で上達】曲が弾きたいならギター初心者は練習するな?理由と上達法を解説

Music

ギター初心者

ギター初心者「ギターを買ったけど何も弾けない。練習したくても何をすればいいのかわからない。練習が退屈になってきたから挫折しそう。って言うか練習ばかりでいつになったら曲が弾ける様になるの?」

その悩み、この記事で解決できます。

この記事のテーマ

【最短で上達可能】曲が弾きたいならギター初心者は練習するな?理由と上達法を解説

目次

  • ギター初心者は練習せずに曲を弾いちゃえばいい話
  • 具体的なギターの上達プロセス
  • 【だいぶざっくり】3つのギターレベル
  • 【参考】筆者が上達するまでの道のりと感想【洋楽好き必見】

ギター初心者は練習せずに曲を弾いちゃえばいい話

ギター初心者は練習せずに曲を弾き始めましょう。

「えっ?」と思ったそこの方。安心してください、これは目標を決めるためなんです。

初心者によくあるパターンが「何も曲が弾けないからまずは練習しよう」と言った感じで本来の目的である「曲を弾くこと」を諦めてギターを練習することです。これは良くないので目標をちゃんと設定必要があるわけです。

極端に言ってしまうとギターの練習は曲を弾けるようになるためのものであってそれ以外に理由はありません。本来の目的を目標にせずになんのために練習するのでしょうか。

「あれっ、なんのために練習してるんだ?」と言うふうにモチベーションの低下につながります。

ギター初心者

ギター初心者「なるほどね、じゃあ目的の曲を設定すればいいわけ?」

そうです。

ギター初心者

ギター初心者「でも何も弾けないのにどう練習するの?」

具体的な上達プロセスをまとめたので見ていきましょう!

具体的なギターの上達プロセス

この上達プロセスはとてもシンプルなものですが経験から確実に効果のあるものだと言えます。

  • 1挑戦する曲を見つける
  • 2とりあえず見様見真似で弾いてみる
  • 3できないところを練習する
  • 4曲を一通り弾ける様になるまで練習する。

1.挑戦する曲を見つける

まず自分の好きな曲や挑戦したい曲の名前で「ギター (曲の名前)」で検索してみましょう。

いろいろ探してみて「これやってみよう!」と思える曲を探します。
  
この時大事なのが難しすぎない曲を選ぶことです。

2.とりあえず見様見真似で弾いてみる

楽譜がある場合や解説動画なら問題ないですが。そのどちらにも該当しない場合でも「ここ押さえてるのかな?….違った」と言った感じで見様見真似でやってみましょう。

3.できないところを練習する

見様見真似でやってみてできないコードやコードチェンジがあると思います。
そのできない部分を重点的に練習しましょう。

ここで気をつけるのがあくまで曲を弾くために必要な練習であること。弾きたい曲で使わないコードなどを練習をしても、いつまでも弾きたい曲は弾けません。

4.曲を一通り弾ける様になるまで練習する。

できないところを練習して、できる様になったら最初から最後まで通して弾いてみましょう。この時録画しておくといいかもしれません。

ここまで到達すればあなたの好きな曲を自分で弾くと言う夢が現実に。頑張ってくださいね。

【だいぶざっくり】3つのギターレベル

ここで初心者の方たちに知っておいて欲しいギターのうまさレベルをざっくりと分けてみました。

初級者

初級者はまずこのハッピーバースデイをできる様になれば問題ないでしょう。

なれてくれば2つ目のテイラースウィフトの「we are never getting back foever」を弾ける様になること。ここまでくれば中級までは時間の問題。

中級者

中級者は動画の様な「ジャーン、ジャーン」という感じの弾き語りが問題なくできる様になることとFコードが押さえれる様になること!
Fcord
Fコードは初心者の最初の壁として有名ですがこれが出来ればその先に待っているギターの可能性は無限大。頑張りましょう。

上級者

ここからは上級者ですが上級者の域になってくると「弾き語り」ではなく「フィンガースタイル」と言ういわゆる「指弾き」になると僕は思っています。
「フィンガースタイル って何?」って人はこちらの記事で解説しています。


ではみていきましょう。

Despacito(デスパシート)

What Do You Mean? - ジャスティン・ビーバー

この方はAndrew Foy(アンドリュー・フォイ)と言うYouTuberで僕のギター人生を支えてくれた人です。Andrew Foyについては後で解説しています。

異次元級

上には上がいます。努力ではたどり着けない領域ですが(挑戦するなとは言っていません)こう言う世界もあるんだと言う程度で参考にしてみてください。

【参考】筆者が上達するまでの道のりと感想【洋楽好き必見】

さて、僕が一体どの様に上達したのかを動画付きで解説します。
ギターを始めた時の僕の状況としては。ゲームが好きで、洋楽が好き。と言った感じです。

まず僕が弾きたいと思った曲はLast Of Us と言う有名なゲームの曲でした。そのゲームでは落ち着いた切ない雰囲気の曲が特徴で、ギターで演奏されていました。

実際に僕が練習した曲と動画はこの3つです。

Last Of Us main theme

Choice

Banishing grace

こんなのも練習しました。

Fallout4 main theme

ある程度ギターが弾けるようになった頃、洋楽好きだった僕は洋楽も弾ける様になりたいと思いました。そしてYouTubeで探しているとAndrew foyに出会いました。最初に見た動画がこれです。

僕はショックを受けてAndrew foyの動画を見まくりました。
そしてある曲に挑戦しました。それがこれ

Rather be

Andrew Foyの動画はTab譜や解説動画がないので。何度も巻き戻して見様見真似で挑戦しました。なんとしても弾いてやろうと言う強い意志があったおかげかなんとか弾ける様になりました。
そして同じ様な努力をして、

Maps

7years

Stitches

などが弾ける様になりました。
特にStitchesは一番苦戦して何度も挫折しましたが僕にとって絶対に弾きたい曲No1だったので意地で乗り越えました。何回動画を研究したことか。
動画を撮っていたので紹介します。

Stitches

Andrew Foyに比べると劣っていますが。僕は満足です。

とは言っても完璧に真似できたのAndrew Foyのカバーの内のごく一部の曲だけででAndrew Foyには流石にかないません笑。

その後Andrew Foyのカバーしていない曲も弾きたいと思い自分で曲のカバーをしてみました。
それがこれです。

Without Me

さらに簡単な曲であればこの通り、自作できます!

とまぁ、こんな感じです。

いやーやっぱり指が痛いですよね!最初は特に!でもそれでも続けられたのは指の痛さよりも自分で音楽を奏でられる喜びの方が勝っていたからだと心から思います。

初心者の皆さん。
僕はギターの才能はあるのかと言われれば、残念ながらないのかもしれませんが本気で練習した経験があるのでこれに関してははっきり言えます。

ギターを弾くのが楽しいなら問題なし。

おわり